カテゴリー
WEB日記

アンジェリカ保育園   「はな組 感触遊び」

2歳児はな組さん

 大きなたらいに絵の具をまぜまぜ~♪

何が始るのかな~♪♪

「あっ!!色が変わった~!!」

「黄色~出てきた!!」などなど大興奮!!

 秋のおいも堀りごっこで使う土をみんなで作りました!!

体についてもいい絵の具を使い、感触を楽しみながらヌリヌリ♪♪

最初はおとなしく塗っていたはな組さんですが・・・・・・・・・・・

 

だんだんにダイナミックになり、、、

ジャ~ン!!! 

絵の具だらけに~~!!!!

紙だけではなく、お友達の体にもべちょ。。。

「おもしろい~」

とってもいい表情の子ども達。。

もっともっと触りたい、ヌルヌルしちゃぉ~ 絵の具だらけのお友達を見て大笑い!

そのあとは、シャワーを浴びてサッパリ!!

お芋堀りごっこも楽しみですね!!

 

 

 

カテゴリー
WEB日記

アンジェリカ保育園   「運動会練習」

10月6日(土)の運動会に向けて、幼児組さんの練習が始まりました!!

憧れの旗体操、パラバルーン、ソーラン節 組み体操!!

どのクラスも張り切ってますよ~♪♪

体を動かすと楽しい!!!

みんなと力を合わせようね!!!

パパやママに見に来てもらおう!!!

早速、こんな会話が聞かれましたよ。。

この一ヶ月の取り組みの中で子ども達はどんな体験をして、どんな事を感じていくのでしょうか。。楽しみです。

子ども達の成長をしっかり見守っていきたいと思います。

 

 

カテゴリー
WEB日記

第5回「アクイールの夏まつり」猛暑に負けじと

 

8月25日(土)、特別養護老人ホームアクイール内最大のイベントである、「アクイールの夏まつり」を開催しました。10時から16時まで、施設全体を開放し、ご入居者やそのご家族の他、地域の方々にもご自由に参加していただきました。

 

今年は例年にも増して猛暑日が続いていますが、お祭り当日も、台風が通り過ぎた後で、とても暑い一日でした。熱中症対策として、施設でつくった「経口補水液」の試飲コーナーを設けました。

外の屋台コーナーでは、味付ゆで卵や、キュウリの一本漬け、焼きそば、炭火焼フランクフルト等を、屋内ではヨーヨー釣り、射的や、カブトムシ・クワガタ無料プレゼントコーナー、バザー等を展開。小さいお子さんも楽しんで頂けたようです。他、地域事業所の皆様にも様々な出店をしていただきました。

屋外の特設ステージでは、一日通して様々な演目を行いました。

「呼魂太鼓」様の迫力ある和太鼓演奏に、皆さん暑さも忘れて見入っています。

我孫子コカリナサークル「あびこ」様によるコカリナ演奏、「ドルチェマンドリーノ」様のマンドリン演奏。やさしさと清涼感で会場を包んで下さいました。

 

 

 

 

職員が所属するフラダンスチームも華麗な踊りを披露。つくば松実高校軽音部の皆様は、これまで開催された夏まつり5回全てに出演、元気に演奏してくれました!

 

「柏吹奏楽団」の皆様による演奏。プログラムの最後には日本の伝統曲である「故郷」が奏でられ、歌詞を口ずさむご入居者も…。

キッズルームの子ども達が、お神輿をかついで登場すると、会場から歓声が上がります。

 

 

 

 

 

子ども達が「エビカニクス」を踊りました。かわいらしい動きに、見ている方々も顔がほころびます。

お祭りの最後は、「ふなっこ」の皆様が加わって、みんなで盆踊りを踊りました。

~~~~~協賛~~~~~

今年も沢山のご協力をいただき、無事にお祭りを執り行うことができました。誠にありがとうございました。

《協賛のご紹介(順不同)》

*有限会社 グッドライフ 様

*株式会社 東基 様

*川村 義浩 様

*鈴木 忠明 様

*山上 高行 様

*有限会社 ブラケット 中根 英樹 様

*我孫子聖仁会病院 様

*加賀 美和子 様

*森田 修 様

*古川 鉄夫 様

*我孫子市 手をつなぐ育成会 様

*大蔵屋商事 様

 

カテゴリー
WEB日記

アンジェリカ保育園   「防災集会」

9月3日(月)

防災集会がありました。

紙芝居を通し避難訓練の大切さや避難する時の約束事を改めて確認する事が出来ました。

  

また非常食のお米も見たり触ったりしてみました。

  

「お米、、、カサカサしてる~」「匂いはないね~」

と、子ども達。

食べてみると、、、「しょっぱいね!!」「美味しい♪」などなどの感想が聞かれました。。

普段から慣れ親しむことがとても大切な事と思います。

防災について、みんなで考え、感じ、確認することができました。

 

 

 

カテゴリー
WEB日記

質の高い支援を目指して・・・

アコモード相談支援事業所の職員が、報酬改定の意図である「質の高い支援」を目指して、県で行われた”精神障害者支援の障害特性と支援技法を学ぶ研修”と”強度行動障害支援者研修(基礎研修及び実践研修)”を受講しました。

今後は両研修の学びを利用者及びご家族支援に役立てていきたいと思います。